方言チャート番外編

県人度判定ベータ版

方言の使用状況で
あなたの県人度を判定します

スタート

東京女子大学篠崎ゼミ×ジャパンナレッジ

方言チャート番外編
県人度判定 (ベータ版) とは?

『方言チャート番外編県人度判定(ベータ版)』は、あなたの方言の使用状況で県人度を判定します!

あなたの県人度予想と判定結果との差はいかに!?

判定イメージ

※判定イメージ

東京女子大学 篠崎教授

篠崎晃一(しのざき・こういち)

千葉県生まれ。東京女子大学教授。専門は方言学、社会言語学。主な著書は、『東京のきつねが大阪でたぬきにばける 誤解されやすい方言小辞典』『出身地(イナカ)がわかる方言』『北海道・東北「方言」から見える県民性の謎』『コミュニケーションの強化書』『ウソ読みで引ける難読語辞典』『例解新国語辞典』編修代表。読売新聞・毎週金曜日の夕刊で「方言探偵団」を連載中。日本テレビ「ワーズハウスへようこそ」を監修。「県人度判定」の企画の元になったWebアプリ「出身地鑑定!!方言チャート」の利用者数は延べ1000万人を超える。
好きな方言は「まぐまぐでゅー」。